減量したいと思っている人の多くは、毎日決まった時間に体重計に乗って記録を付けています。体重をはかることは減量のためには必要ですが、体重の増減を気にしすぎるとダイエットがうまくいかなくなることがあります。ダイエット中の体重チェックは、あくまでもデータとして知るために測るものです。体重が減っていれば良いのですが、変化がなかったり、ちょっとでも増えているとショックを受けてしまう人もいます。ダイエットがストレスになる理由の一つに、減量の頑張りが報われていないと思ってしまうことがあるようです。人体は、自律神経の影響を受けている部分も多くありますので、意志力だけでどうこうできるわけではありません。心臓や胃腸などの臓器だけではなく、呼吸や体温、血圧も自律神経に影響されています。強いストレスを受けていると、人間の体は緊張が持続するようになり、自律神経も緊張状態になります。緊張していると、代謝が低下して、体内に蓄積されている脂肪の燃焼もうまくいかなくなります。つまり、減量をしようとして体重ばかり気にしていると、余計に痩せにくい体質になってしまうのです。強いストレスが続くと、欲求の抑制が効きづらくなって、つい大食いをしてしまうということもあります。減量をしている時でも、ある程度は体重は増えたり減ったりするものだと考えて、気軽にダイエットを続けることが、よりよい効果を引き出します。沖縄生まれの歯磨き粉「ちゅらトゥースホワイトニング」で歯を白く